診療時間
月金 :
10:00〜13:00 / 15:00〜19:00
水 :
10:00〜13:00 / 15:00〜18:00 / 19:00〜21:00
土 :
10:00〜13:00 / 15:00〜18:00
日 :
9:30〜18:00
休診日:
火曜日・木曜日・祭日
中央歯科医院
松戸市中和倉73-6
電話047-345-2855
医院長 和田博充
歯と体のの筋肉は連動してるんです。

A 頚部屈筋群/伸筋群
B 肩甲下筋
C 三角筋、前鋸筋
D 烏口腕筋、膝力筋
E 大胸筋鎖骨部
F 横隔膜
G 広背筋
H 腹筋
I 中部僧帽筋
J 大腰筋
K 大腿四頭筋
L 簿筋、縫工筋
M 大胸筋胸骨部
N ハムストリング筋
O 腰方形筋
P 大殿筋
Q 大腿筋膜張筋
R 梨状筋、内転筋群、中殿筋


●なぜ?何故?何故?それは歯と体の筋肉は連動しているからです!

私の経験からも1/1000mm単位で影響が有ると考えますが、人工の歯は、およそ30/1000mmの厚さのセメントで接着されます。従ってセット直後の調整が必要です!また自然な形に再現されていない事が少なからずあります。
頭蓋骨が動くと言う事を、歯科学から御紹介していきます。 頭蓋骨が癒着して動かないと考える西洋医学と異なり歯科学は頭蓋骨を23個のパーツに分け、しかも経験からしても生体の場合ひとつひとつに固有の動きが有ると考えます。それならば歯はどうでしょう? 歯根膜という靭帯につなぎ留められた骨パーツで、関節だと考えていきます。?歯根膜(歯周靭帯) の固有受容器(刺激を感知し受け取る処) に侵害刺激(外からの異常な圧力や刺激)で噛む為の筋肉が無理強いされ、頭蓋骨が歪み適切な神経伝達ができなくなります。その影響は口腔内のみならず歯根膜を通じ、上顎骨、下顎骨、頬骨、蝶形骨、前頭骨全てに連動し、後頭骨を支える頚堆、胸椎、腰椎、骨盤、そして大腿、下腿を通じ足底に、神経の働きの異常が達します。?当然歯も一本一本に意昧があって存在し、各々の歯は特定の神経の働きに大きく関わっています。したがって歯は筋肉や内臓の働きとも大いに関連しています。各々の筋肉には固有の栄養素が有り、それが欠如すると正常の働きが出来なくなります。?それぞれの歯は、対応する筋肉を持っているのです。抜けてしまった歯や、向きの変わってしまった歯がとのように体に影響を及ぼすのか、考えてみたことはありますか??奥歯を抜いたとたんに腰が立たなくなったり、力が入いり難かったり、つまずきやすくなったり、逆にほんの少し歯の向きを変えたら俄然ファイトが湧いてきたりします。今回は、歯がどれだけ体に及ぼす影響が大きいかを知っていだだき、体調不良の原因を探るひとつの治療法としてご紹介したいと思います。

 


「歯と骨盤」は体の歪みと密援な関係。

クリックすると大きくなる四本足のテーブルにお皿を重ねてその上にりんごを置きます。テーブルのバランスがなんらかの事情で悪ければ、お皿もろともりんごは落ちてしまいます。人間は何とかバランスをとろうと頑張って身体をねじったり、傾けたり、食いしばったりしながら適応しようとします。それが身体の歪みとして蓄積されて行くのです。?骨盤は二枚の寛骨と一つの仙骨から成り立っており、仙骨の上にある、腰椎5個、胸椎12個、頚椎7個が生理的湾曲を伴いながら後頭骨を支えますが、後頭骨に支えられている頭蓋骨全体は腰の歪みにも連動する場合があるのです。私達は連動する部位をそれぞれブロックわけして身体の歪みを解決させていきます。

←図をクリックすると大きくなります。

噛み合わせの悪さは万病のもと?心当たりのある方は歯科医院を受診しましょう

以前から肩こりや頭痛といった症状に悩まされていて、生活習慣や姿勢の改善、整体院や整骨院に通っても治らない。もしかしたら、噛み合わせが原因かもしれません。歯と体の筋肉はそれぞれ連動しており、噛み合わせが悪くなることで体を支える骨格や筋肉が正しい状態から悪い状態へとだんだん歪んでしまうからです。
この歪みを放っておくと、体全体の組織を統率している脳や脳を覆う頭蓋骨が圧迫され頭痛や様々な身体症状を生じるようになります。何をしても改善されない頭痛や肩こりに悩まされてはいませんか?もしお心当たりのある方は、松戸にある中央歯科医院へお越し下さい。